お知らせ詳細

平成23年度中・高指導者対象講習会報告

指導委員会

更新日:

2月4日(土)、豊田自動織機技術技能ラーニングセンターにおきまして
平成23年度中学校高等学校指導者対象の講習会を実施しました。
講師に中口直人氏を招き、中高の部活動顧問やクラブチームのコーチなど計36名が参加いたしました。
今回は申し込みの際に記入していただいた要望事項をもとに、参加者の要望に沿った形での実施となりました。
主な議題は
1.初心者の選手に対する技術指導について
2.部活動内における効率的な練習方法(時間・コート数)
3.ダブルスにおける考え方
午前中は講義形式で、
DVDを利用し積極的に一流選手のプレーや練習方法を取り入れることの大切さを知りました。
参加者の現状の悩みに細かく丁寧に解説を加えていただき、受講者も真剣に聞き入っていました。
また問題に対する解決手段としてブレーンストーミングを取り入れることを提言されていました。
午後は体育館における実技形式で
MP(ムービングプレパレーション)
インプレス・エクスプレス(ドライブ練習など)
プレ・ロード(フットワーク)
ラギングバックの理念
「ドンピシャ」のシャトルのとらえ方
など、実践も交え分かりやすく説明していただきました。
受講者も積極的に練習参加し、練習の目的を明確にさせることの大切さを身をもって感じていたようです。
また最近開発されたフットワークマシーン「鬼越」にもチャレンジし、計測結果に一喜一憂していました。
講師の熱心な指導と意欲的な受講者の方々のおかげで有意義な講習会となりました。
アンケートにもありましたが、多数の受講者から今回のような講習会を継続してもらいたいとの声が聞かれました。
来年度以降も実施できたらと考えています。

 報告書・アンケート結果