HOME > お知らせ一覧

お知らせ一覧のRSS 



カテゴリ


最新記事


月別



 

Powered by WTOOL

お知らせ一覧

2015/08/26
[798] 全日本教職員バドミントン選手権大会2015報告教職員連盟

第54回全日本教職員バドミントン選手権大会が平成27年8月10〜14日に奈良県磯城郡田原本町及び大和郡山市で開催され、愛知県から15種目に29名が出場。

競技初日の団体戦は、新種目の女子成壮年団体にて初戦愛媛県に3-0で快勝、準決勝は優勝候補の東京都(第一シード)を大接戦の末2-1で撃破、決勝では石川県に惜敗したが準優勝を果たす。

女子成壮年団体 準優勝 愛知県教職員選抜チーム
前列左から、小崎輝代(県立小牧特別支援学校),安藤志津子(春日井市立東部中学校),錦野圭子・森 洋子(県立起工業高校)、後列左から近藤祥夫コーチ(半田市立亀崎小学校),森田麻里名(春日丘高校),近藤小有里(安城学園),安井明美(名古屋大学),山岸香久子(名古屋工業大学),原 賢一監督(名古屋造形大学)。

成壮年団体は2回戦で北海道に3-0、準々決勝は地元奈良県に2-0で快勝、準決勝熊本県に惜敗したが昨年に引き続き第3位入賞を果たす。

成壮年団体 第3位 愛知県教職員選抜チーム
前列左から、近藤祥夫(半田市立亀崎小学校),藤巻裕昌(名古屋女子大学短期大学部),多久島一慶(名古屋市教育スポーツ協会)、後列左から大塚政典(三谷水産高校),原 賢一(名古屋造形大学),清水誠司(名古屋市立北高校),佐藤雅史(名古屋高校)。


競技2日目以降は個人戦が行われ、
男子30歳以上ダブルスでは立松幹浩(東海高校)・杉崎雄一(県立旭陵高校)組が初戦から準々決勝まで快調な試合運びで勝ち進み、準決勝で連覇中の黒石・古賀(高知)に敗れたものの第3位に初入賞。また個人戦の入賞者は以下写真のとおり。

男子30歳以上ダブルス 第3位 杉崎雄一・立松幹浩 組

男子30歳以上シングルス 第3位 多久島一慶

男子40歳以上ダブルス 第3位 佐藤雅史・清水誠司 組

男子50歳以上シングルス 第3位 田中章裕(豊川高校)

男子70歳以上ダブルス 第3位 守屋 健・菱田 肇(名古屋工業大学教職員OB)組

なお本大会の詳細結果は、日本教職員バドミントン連盟公式サイト に掲載されています。